2010年04月03日

租税回避地から情報収集へ=英領ケイマン諸島と−国税庁(時事通信)

 国税庁は2日、脱税の温床とされるタックスヘイブン(租税回避地)として知られるカリブ海の英国領ケイマン諸島の自治領政府との間で、情報提供を受ける手続きが整ったことを明らかにした。
 同庁によると、租税回避地とされる地域からの情報提供が実現するのは初めて。
 同庁は複雑・国際化する個人や法人の資産運用の解明に力を入れている。公式ホームページ内のインターネット番組では、ペーパーカンパニーを使って租税回避地の居住者に成り済まし、納税を免れるベンチャー企業の社長を追い詰める「国際税務専門官」の仕事を紹介している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
〔写真特集〕偽札の実態〜巧妙化する偽造手段
海砂採取業者を告発=1億円余脱税容疑
パチスロ「エヴァ」開発会社起訴=1億円余脱税
秋山元専務理事に有罪=「巧妙、悪質な犯行」

<風力発電>施設近くの住宅内で低周波音 初の調査で確認(毎日新聞)
<重度障害者>脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)
元厚生次官ら殺傷、判決主文は後回し…厳刑か(読売新聞)
『GT5』がMove対応? SCEAの「おすすめ商品リスト」が紛らわしい件
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに(医療介護CBニュース)
posted by カワバタ タダヨシ at 06:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。